月と花火

結局のところわたし(あなた)は、何になれば、何をつくれば、満足するのか

【演劇】劇団くるめるシアター『プレイタイム』総括

こんにちは。緒方美月です。

今回は、私が今年2月に出演させていただいた舞台、劇団くるめるシアター第72回本公演『プレイタイム』に関しての総括をさせていただきます。

このブログをいつも読んでくださっている人は私のことを直接知らない方ばかりなので、たぶん何がなんだかわからない長文が続くと思いますが、お許しください。笑

 

劇団くるめるシアターというのは、早稲田大学公認の演劇サークルのひとつで、今回の「本公演」は、4年生が卒団前最後に関わる公演です。私は3年生ですが、今回は役者として関わらせていただきました。

 

『プレイタイム』が今年最後で本当に良かった。そう思える公演でした。

この作品は、山手線に乗っていたアオイという女性が西日暮里……ではなく「西日の里」という異世界に迷いこんでしまう、というストーリーで、私は西日の里の人気女優、「スミレ」を演じました。なんとメインキャスト、主役のひとりです。ひとり語りとかあります。役のみんなに口々に「スミレの演技は素晴らしい」と誉められちゃいます。オズの魔法使いのドロシーを演じちゃったり、私の演技にジュディ・ガーランドの映像が被っちゃったりしちゃいます。舞台上にひとり取り残されて緞帳が下がったりします。もうど緊張でした。

でも、私が演じる「スミレ」、そして西日の里の住人は、実は現実世界に住む人々が本当に生きたいと描いている「理想の姿」。現実世界にいるスミレは、弱くて、傷ついて、ひきこもりで、たまたまテレビで見たオズの魔法使いに感動し、「私の話を聞いてくれるどこか。私が何者かになれる、どこか。ここではないどこかに、私は行きたいの」と、西日の里に迷い込み、女優として生きることを決めるのです。

この、西日の里=理想世界でありお芝居の世界。みんながみんな理想の自分を演じて生きている、という世界は、「俳優」にとってすごく残酷な世界じゃありませんか?まるで、「芝居は芝居。あなたは舞台でなんにでもなれると思っているのでしょうけれど、所詮現実ではないの。」と、言われているようで。それを強調するシーンが、「劇中劇」のシーンです。そういえば『THE最終回』でも劇中劇を演じる女優役だったなあ……と思うとなんだか数奇な偶然。でも、『プレイタイム』はもう少し複雑です。なぜなら、私が演じるスミレ=劇中劇(オズの魔法使い)を演じる女優(西日の里のスミレ)を演じるひきこもりの女の子(現実のスミレ)なのですから。

話を戻しましょう。『プレイタイム』の中の劇中劇「オズの魔法使い」で、私はドロシーを演じます。オズの魔法使いのストーリーそれ自体も、この『プレイタイム』のストーリーと実はつながっているのです。オズの魔法使いでは、ドロシーは魔法の国に迷い込んでしまい、最終的に戻ってくる(そのすべては夢オチだった)。『プレイタイム』でも、スミレは西日の里でドロシーを演じることでなりたい自分を生きながら、それでも西日の里の「夢だし嘘」な部分に釈然としない気持ちを抱きながら暮らしている。それで西日の里に迷い込んだアオイと出会い、昔の自分、本当の自分を思い出し、現実世界の西日暮里に帰ってゆく……

 

このお芝居の構造じたいが、「お芝居をやめて卒団していく4年代の人たち」に綺麗に重なっていて、そして「劇団(=西日の里)に残されていく私たち」にも、これから私たちが何をどうくるめるで演じていくのか、という課題を残していく、そんな舞台になっていたと思います。

お芝居じたいは甘かった部分も多いし、自分の演技しかり、いろんなこじつけ、いろんな不足はありました。もっとできた。もっといけた。それでも、「お芝居をする」ということじたいを命題として扱ったこの作品で卒業していく先輩方はまぶしくて、きらきらしていて、羨ましくて。ふふ。先輩方に愛を伝えられなかったなあ。こんなところで伝えても伝わらないけど、好きでした。全員のことを。

私自身にとっても、「演じるということの不当さ」というか、欺瞞というか、嘘を信じていいのかとか、演技の正解はなんなのかとか、そういう自分のもやもやを1ミリだけだけど解決してくれたかなー、と、思います。

 

個人的に、くるめるの本公演で、3年生で、主役を演じることができて、とてもとても光栄でした。卒業公演でアオイとスミレを演じたメインキャスト4人(それぞれ西日の里・現実のスミレアオイ)が全員2、3年生ということで、4年生がメインキャストのほうがいいじゃん絶対……私ができる役じゃないじゃん……とずっとずっと思っていました。というか普通に自信がなかった。私が理想の女?みんなが羨む大女優?ないないない!ない寄りのない!っていうか主役?私演技下手だし。顔も薄いし。演劇だって大学から始めてるし。

結論から言うと、演技は結局下手なまま、自信のないまま、終演してしまいました。悲しい。色々考えたのに本番ではこなしてしまう部分も多かったし。感情の感じとか全然出せなかったし。死ぬほどセリフ覚え遅かったし。顔は薄いままだったし。結局感情の発露よりも、キャラ芝居に寄せていってしまうし。だめだめです。

それでも、ただただ光栄でした。私にメインを任せて、4年代には好きなことをやってもらおう、と主宰が思ってくれたことも光栄だったし、私が1年代だった時の4年代に「上手くなった」と言われたことも光栄だったし、私の新人担当の先輩に「演技ができるようになったんだね」「最後に絡みのある役ができてよかった」と言われたことも光栄だった。ただただ光栄で光栄で仕方なかった。嬉しかった。やっぱり3年間できちんと前進したんだ、人より始めるのも進むのも遅くて仕方なかったわたしが、ちゃんと女優してる、と感じました。まあ、ドヘタなんですけどね!!!!!!!!!!!!!

 

終演してみて、1年後の自分の卒業公演まで芝居はもういいかな、と思ってます。と、同時に、なんか書きたいなという気持ちもあります。オファー受けたらもっと役者やっちゃいそう、という気持ちもあります。絶対にこれじゃ満足できない。もっともっとうまくなりたい。自分のために。私はうまくやりたい、うまくみせたい、という気持ちが強すぎる。人の目を気にしすぎる。

でも、私は今回の『プレイタイム』を通して、『人のことを気にする自分を気にしない』ことにしました。それが個性。それが私。それが私の長所。そう考えるしかやっていく道はないのです。ひきこもるスミレのように。なんて。大げさです。

 

なんだかまとまらないですね。また今度、編集しなおす気がする。でもこれが今日書けるせいいっぱいです。

【演劇】演劇ってなんだろう、半年間

こんにちは。月と花火です。

今回は、この半年間の私の演劇ヒストリーのまとめです。

実名とかばんばん出てきます。私のことを知っている人が読んだら少しは面白いのかもしれませんが、このブログの読者に私を知っている人はいないので、なんのこっちゃと思うかもしれません。適当に読んでね。

 

この半年間、2017年7月に帰国してからの正確には8か月間、私はとにかく演劇に関わり続けました。休みたくなかった。半年間、本気で演劇がしたかった。ずっと演劇をし続けている、ずっと現場に入っている、そういう自分に憧れていたんだと気が付きました。

 

留学から帰国する前は、もう演劇には戻れないんじゃないかな、と思っていました。ブランクを経て、出演オファーの声がかからなくなった人たちを私は何人も見てきたし、私の同期はそれでなくてもかなり人が多いし、そして男性が少なく女性が多い今の早稲田演劇界では生きぬいていける気もしなかった。なのに、こんなにもたくさんの公演に関わることができて本当にうれしいです。

 

2017年9月には、劇団森の『THE最終回』に、あるドラマに出演している女優・港チル、という役名で出演しました。ドラマではなんと純粋無垢な女子高生役。でも実際は子役上がりのちょっと性格の悪い女優、という、「劇中劇」のかたちを取ったお芝居で、港チルちゃんの二面性を演じるのが楽しかった。お芝居を書いたのは劇団森の同期の男の子で、ほとんど私へのあてがきといった風な台本で、演じるのはかなり楽でした。私はずっと彼の書く作品が大好きでした。ちょっぴりテレビ的で、少しひねくれてて、でも純粋で。とにかく本が面白いんです。ずっと憧れの同期だった。だから、私が留学中に彼から「出演してくれないか」と言われた時は本当にうれしかった。他の出演者も同期が多く、気兼ねなく演技ができたしとても楽しくて、それでもたまに「本当にこんな稽古で大丈夫なのかな」ってなったりして、まあまあ悩みながら、でも最終的に楽しめたそんな現場でした。とにかく早稲田演劇に復帰できたことと、金原に呼ばれたこと、そして早稲田小劇場どらま館に役者デビューできたことが嬉しかった。

 

2017年10月には、なんと花やしきの舞台でのお芝居に挑戦しました。花やしきを舞台にしたシットコム風演劇。アメリカ人女性の役をやりました。まあ、演技っていうか英語ですよね。キワモノとしての使われ方。私、今まで割とキワモノ系で使われることが多かった(DJ、ピンサロ譲、SM国の女王、宇宙ポリス……)ので、割と自分の中でこなしてしまった感が強くて。お客さんの反応も良く、座組がひとつにまとまっていたのが印象に残っています。みんな本当にありがとう。

 

11月には、早稲田祭(学園祭)での舞台に立ちました。私が所属する劇団くるめるシアターの後輩が書いた作品。1年代3人、2年代2人、3年代ひとり……なんとわたし、座組最年長でした。衝撃あんど驚愕。ちゃんとしなきゃ!という気持ちがすごく強かった。脚本は割と難解というか、解釈も好みもかなーり分かれるような感じのものでした。ですが、私はなぜがあの作品がすごく好きでした。読み物として、きちんとしていたというか。とにかく好みだったというか。すごく好きだった。後輩と関われたのも嬉しかった。もうとにかく演劇的な楽しさと満足感がありました。演技としても、「うまくできた」という気持ちがありました。この半年間の中で一番演じていて気持ちが良かった。私が演じたのは、主役の女の子と出会う「女」という役で、女の子を優しく包み込んでいくような、美しい、そして何を考えているかわからない役でした。自分で言うのもなんですがわたし、「何を考えているかわからない柔らかさ」を出すのが得意なのかもしれないとさえ思いました。とにかくやりやすかった。戯曲の解釈がかなり個人に任されていたので、私個人は「悩んでいる主役の女の子に昔の自分を重ねている部分もあるのかな」と感じていました。うん。すごく楽しかったな。あの時初めて女優になれた気がした。自分のことも戯曲のことも褒めすぎかしら。

 

11月には実はもうひとつ、舞台に関わりました。虚大空間という、後輩の舞台に演出助手として参加しました。役者ではなく。役者で関わりたかったと思えるような、いやむしろ思わせる隙を与えさせないような素晴らしい戯曲、俳優、演出でした。はあ。羨ましい。よかった。

 

 

最後に関わることになる卒業公演については、もうひとつきちんとした記事を書こうと思います。

では、次の記事で!

はじめてのBLOOM BOX開封!!!【2018年1月】

こんにちは!月と花火です。

今回は初めてのBLOOM BOX開封をしてみました!

BLOOM BOXとは、毎月サンプルサイズのビューティプロダクトを試すことができるプログラムです。月額1500円で自分の知らない化粧品を試すことができるのはとても楽しい。高校生の時から一度はブルームボックスを購入してみたいと思っていたので、やっと実現させることができてうれしいです。

では、なにが入っていたか紹介していきます。

 

ほっと見えマスク 5枚入り ¥640

クリックすると新しいウィンドウで開きます

蒸気でほっとアイマスク好きなわたしにとっては嬉しい商品でした!確かにアイマスクって見えないからそのまま作業できないもんね……

5枚入りで柄も5種類あるのでいろいろ試してみようと思います。

キューピー ヒアロビューティー 30日分 ¥3500

クリックすると新しいウィンドウで開きます

これだけでなんと3500円の現品が入っていました。お得感はんぱない。こういうサプリ系の錠剤って興味はあるけど自分ではあまり飲まないため、これを機会に効果を試してみたいと思います。楽しみ。

ハホニココラシルク18 ヘアケアトライアルセット

「HAHONICO」のコラシルクというシリーズのシャンプー。これは初めて聞いたブランドでした。シャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントのセット。これは旅行にかなり使えそうなので嬉しいです。Web通販の1000円オフのクーポンがついていたのでサイトを見てみたのですが、シャンプーの大容量パックが約10000円というまさかの破格()でした。たぶん現品は買わないなー。

パピリオ ハンドマッサージエッセンス リペア 100g ¥1500

これも現品サイズのハンドクリーム。1500円なのでこれだけでボックスの元は取れたことになりますね。確かにこれはお得。黄色い粒粒が入っていて、それを溶かして肌に浸透させるようです。なるほど。でもハンドクリームっていろんなところからもらうけど結局使えませんよね。これはお母さんにあげようかしら。匂いはかなり弱いので、においのきついハンドクリームが苦手なひとでも使いやすいと思います。

ZOE of Switzerland クレンジングウォーター 200㎖ ¥1650

これはプッシュ式の拭き取りクレンジング水です。ビオレのプッシュ式の拭き取り水クレンジングと同じ感じです。これはスイスのブランドらしく、肌に優しい成分でできているようです。すごい。こういうものの成分表示を見て「これは肌に優しい成分ね」とか言えるようになりたい。笑

 

この5点が入っていました。合計で約8000円くらい。すごい。なんてこった。こんなことがあっていいのか(いいんです)。今回の満足度はかなり高いです。

ほっとアイマスクは絶対使えるし、シャンプーにトリートメント、洗い流さないトリートメントまでついたセットは旅行好きなので必需品。いつもマシェリのを買っているので他のを試せるのはありがたいです。そしてクレンジングウォーターはちょうどビフェスタのうる落ち水クレンジングを切らしていたのでこれからすぐ使おうと思います。ヒアロビューティーというサプリメントも、「肌のうるおいを保つサプリ」ということでなんとも私にうってつけ……!笑

ただ、ハンドクリームについてはいまだ一年前に当時の恋人に買ってもらったハンドクリームをちまちま使っている私としては、なかなか使う機会が来ないんじゃないかな、と思います。でも満足!来月も楽しみです。

いかがでしたか?いろんなわくわくがあるブルームボックス。来月もお楽しみに!

 

 

 

【スキンケア】スキンケアレポート⑪!

こんにちは!月と花火です。今回はなんと11回目のスキンケアレポートです……はい、さっきETVOSのレビューを書いてすぐ他のレビューになっちゃってごめんなさい。というのも、ETVOSのスキンケアレビューは年始に書く予定だったのですが、ずっとインフルエンザにかかっていてブログを書くことができず……本当にごめんなさい。

というわけで新たなスキンケアレビュー。今回はオルビスの薬用クリアシリーズのトライアルセットを試してみました。

続きを読む

スキンケアレポート⑩!ETVOSのトライアルセットを試してみた

こんにちは!月と花火です。2018年になりましたね。

今回で第9弾になってしまったスキンケアレポート企画ですが、今回から怒涛のトライアルセットレポートが始まります。いえ、実は2017年も私はかなりの数のスキンケアを試してきていたのです。でも、レポートをほとんど残さなかったので結局何がどう自分の肌に合っていたのか全然わからなかったのです。ということで、今回からのスキンケア企画は、一味違う、がちがちにレポートくを書いて、何がどうよかったのかを固めていくという企画にしたいと思います。

続きを読む

12月のお気に入り購入品【フローフシ、ETVOS、ポールアンドジョー】

こんにちは!月と花火です。今回は12月の購入品を紹介します!

続きを読む

【ブログ】人生最高に何もなかったクリスマス

こんにちは!月と花火です。今日はクリスマスですね。この記事を更新できるまでにクリスマスが終わりそうです。ただいま23:48。急げ急げ。

とにかく今日は特に何もない感じの一日でした。寝坊して、中国人とあって、ごはん食べて、フローフシのリップもらって、だらだらしていたらもうこの時間です。そんなもんです。いやほんとに書くことないです。もうすぐ帰省。来年のクリスマスは実のあるものになるといいな。